バリ取り専用クイックチェンジモータスピンドルSP40L-QM型&SP40N-QM型 | ファイングループ

products

バリ取り専用クイックチェンジモータスピンドル
SP40L-QM型&SP40N-QM型

バリ取り専用クイックチェンジモータスピンドル<br>SP40L-QM型&SP40N-QM型

製品ムービー

バリ取り専用クイックチェンジモータスピンドル
SP40L/N-QM型の特徴

  • sp40
 アルミダイキャストや鋳造品のパーティングラインなどのバリ取りに最適!

アンギュラベアリングを使用した剛性の高い回転工具です。アルミダイキャストや鋳造品のパーティングラインなどのバリ取り除去が可能です。

 エアフロートアタッチメントAF40型にピッタリフィット!

バリ取りには必須アイテム、弊社エアフロートアタッチメントAF40型にピッタリフィット。さらにAF40型への固定方法もシュパンリング+AF40型付属のスピンドルストッパで緩みなし。

コレットホルダをワンタッチで交換可能!

スピンドル部のクランプカバーを押し下げることにより、コレットホルダを機内でワンタッチ交換可能です。コレットホルダの種類は、SP40-QT-ER11M型とSP40-QT-ER16M型の2種類を準備。どちらもコレットを交換することにより使用する刃具を幅広く選択可能です。ER11コレットはφ0.5~φ7、ER16コレットはφ0.5~φ10までの刃具を使用することが可能です。

コレットはDIN/ISO規格、信頼のER11、ER16高精度コレットを採用!

刃具を把握するコレットには、世界標準のDIN6499/ISO15488規格のER11コレットとER16コレットを採用。

バリ取りに拘った20,000min-1仕様モータを採用!

一般的にバリ取り加工で使用される回転数8,000~15,000min-1を網羅した最高回転数20,000min-1仕様のモータを採用。
注)クイックチェンジスピンドルの最高回転数は、15,000min-1です。ご使用の際は、ご注意下さい。

2種類のモータを準備!

リーズナブルな最大出力930WのLタイプモータとハイスペックな最大出力1,200WのNタイプモータの2種類を準備。お客様のバリ取りに合わせモータを選定可能です(LタイプモータとNタイプモータに互換性は有りませんのでご注意下さい)。

モータ部及びコントローラ

  • sp40-2

バリ取り専用クイックチェンジモータスピンドル
SP40L/N-QM型寸法表(単位/㎜)

  • sp40-3

■スピンドル部寸法

■モータ部寸法

クイックチェンジ部ワンタッチ交換方法

■コレットホルダ取付方法
■コレットホルダ取外方法

 

バリ取り専用モータスピンドルSP40L/N-QM型 関連商品

オプション品

※本商品に付属しておりません。別途購入が必要です。

SP40-QT-ER11M型コレットホルダ
○ER11-φ6コレットが1個付属しております。
SP40-QT-ER16M型コレットホルダ
○ER11-φ10コレットが1個付属しております。
モータケーブル(動力線)
SP40L-D10M/SP40N-D-10M
モータケーブル(信号線)
SP40L-S10M/SP40N-S-10M

・モータケーブルは、10mが標準モータケーブルとなります。

・標準モータケーブルより短い又は長いケーブルが必要な場合は弊社営業部までお問い合わせ下さい。

・御注文の際は、SP40L又はSP40NL又はNを御間違いがないようにお願い致します。

・ケーブルは全てロボット可動ケーブルです。