スリムレール&旋回アームがロボット搬送を進化させるROBO RAIL(ロボレール) FRR-001型 | ファイングループ

products

スリムレール&旋回アームがロボット搬送を進化させる
ROBO RAIL(ロボレール) FRR-001型

スリムレール&旋回アームがロボット搬送を進化させる<br>ROBO RAIL(ロボレール) FRR-001型

製品ムービー

特徴

省スペース(ロボドリル等のマシンベット前スペースに収まります)

ROBO RAILのレールは壁掛け構造により、走行レール奥行300mmを実現。
フロア走行式ロボット搬送と違い、加工前の段取り作業に不可欠な作業スペースが確保出来ます。

ロボット旋回アーム付き

走行キャリア上に旋回機能を搭載。(アーム長さ700mm)小型ロボットでも広範囲のアプローチが可能です。
旋回アーム駆動部にはモーター効率の高い中空軸ローラードライブを採用しています。
搭載ロボットのケーブルやハンドなどの配線・配管も旋回アームの中にスッキリ収まります。

走行キャリアサポート機能付き

旋回アーム駆動時又は搭載ロボット起動時に発生する応力を、走行キャリアのサポートシリンダが床面を捉えます。
壁掛け構造の走行レールへの偏荷重を軽減し、寿命及び繰返し精度の向上に貢献します。

制御はロボット制御装置のみ

走行駆動部・旋回アーム駆動部はロボット付加軸の為、ロボット制御装置での制御となります。

保全性・安全性

  • 旋回アーム駆動部の潤滑グリスはメンテナンスフリーです。(定期交換不要)
  • リニアガイドブロックのグリス供給は走行キャリアの給油マニホールドより集中給油が可能です。
  • 走行キャリアのライナー部給油はルブユニットを取り外し、走行距離5,000kmもしくは半年を目安に給油します。
  • 操作はロボットペンダント1つです。(ポイント修正もカンタン)
  • ROBO RAILと搭載ロボットの制御装置は共通の為、ロボットの安全回路に準拠しています。

設備諸元

設備外寸